本領域キックオフシンポジウム

領域スタートに伴い、10月1日(日)に東京大学本郷キャンパスにて本領域のキックオフシンポジウムを開催します。
日曜日の開催ですが、学生さんを含め多くの方々にご参加頂き、学術的フィードバックを頂けましたら幸いに存じます。


シンポジウム「進化の制約と方向性」


日時:10月1日(日曜日)13:30-
場所:山上会館 2階大会議室(東京大学本郷キャンパス)  アクセス   キャンパス内マップ 


13:00       受付開始
13:30-13:50 倉谷滋(理化学研究所)
 領域の概要
13:50-14:30 古澤力(理化学研究所)/金子邦彦(東京大学)
「進化の制約と方向性をどのように理解するか:理論的背景」
14:30-14:45 コーヒーブレイク
14:45-15:05 倉谷滋(理化学研究所)
「発生機構の揺らぎと新規形態獲得」
15:05-15:25 入江直樹(東京大学)
「脊索動物胚発生の分子発生システムゆらぎと進化的保存性の関連解明に向けて」
15:25-15:45 長谷部光泰(基礎生物学研究所)
「摂動実験を用いた食虫植物の捕虫葉進化機構の解明」
15:45-16:00 コーヒーブレイク
16:00-16:20 深津武馬(産業技術総合研究所)
「昆虫―微生物共生可能性の探索と分子基盤の解明」
16:20-16:40 古澤力(理化学研究所)
「多様な選択圧下での大腸菌進化実験による揺らぎ-応答関係の定量解析」
16:40-17:00 金子邦彦(東京大学)
「進化のゆらぎ応答理論の確立と多階層・発生過程への展開」
17:00-17:15 質疑応答/まとめ

17:30-19:30 意見交換会
場所:山上会館 1階談話室(ラウンジ ハーモニー)
 (※準備の都合上、意見交換会に参加を希望される方は、こちらから御登録いただけますと幸いです。)